ホーム>看板の実績紹介>社内紹介_営業部>

本社ギャラリー(その4)

本社ギャラリー(その4)

%c_title%

上のフロアに参りましょう。
踊り場には、内照式のファサードサインが2つ。

  • 画像:1

    まずは踊り場真正面。
    こういったファサードサインでは面板にアクリル板が使われている事が多いと思いますが、下に解説プレートがついていますとおり、出力シートにターポリンシートを使用しています。

    ターポリンは、テントなどに主に使われている丈夫で長持ちなビニール系素材です。しかも防炎。
    看板素材としては「懸垂幕」や「横断幕」に使われる事が多いのですが、こういった形で内照式サインの面板としての使用もご提案させていただいています。

  • 画像:2

    蓋を開けると…

  • 画像:3

    こんな感じ。

    「え? いまどき蛍光灯なの?」

    そう思われた方は、右手をご覧ください。

  • 画像:4

    蓋を開けなくても判るように細工されたこちらは、LED式になっています。

    こうして中身が見えるように切ってあるのって、ちょっと博物館っぽいですよね。(笑)

  • 画像:5

    夜間に点灯するとこんな感じ。

  • 画像:6

    では上に参りましょうか。3階左手が事務所になります。

  • 画像:7

    窓際には合板の銘板。

  • 画像:8

    3F手すりには、エフ広芸のアクリルサイン。

  • 画像:9

    壁にはポスターパネル。
    こちらも下に解説プレートがついていて、内照式のライトパネルであることが判ります。

  • 画像:10

    こちらも、点灯するとこんな感じ。

    う〜ん、眼力が……

  • 画像:11

    窓側には細かい仕事を陳列した棚があり、一つ一つお手にとってご確認いただけます。

    次回は、この一つ一つを…かいつまんでご紹介いたします。